感染経路と現代の措置

B型肝炎は、私達が普段罹りやすい感染症と異なっている点があります。それが、『感染経路』です。インフルエンザウイルスなどは、空気感染します。インフルエンザを発症している人の近くにいたりすることで感染する場合があります。

しかし、B型肝炎ウイルスはそれとことなり、血液感染が主な感染経路です。飛沫感染ではないので、その点は安心できますが、例えば、輸血による感染、性行為による感染が、考えられます。低確率な感染経路もありますが、どちらにしてもリスクがあると言うことには変わりありません。もし心配な方は検診を受けることによってそれを広めてしまうことを避ける事が出来ます。

もちろんこのB型肝炎も、早期発見と、早期治療が必要となりますが、全国で連携している病院を用いることによって治療を受けることができます。治療法は何種類か確立されていますが、その人に合った方法を実践する必要があります。例えばインターフェロン治療という代表的な治療方法がありますが、それが行えない場合もありますので、その場合はインターフェロンフリー治療を受けることができるかもしれません。どちらにしても、病院の診察結果に従って治療を行う必要があります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket