B型肝炎に関するその他のこと

B型肝炎は、インフルエンザウイルスのように、似た症状が見られるというよりは、様々な症状が診られる可能性があります。例えば、B型肝炎は慢性化することが多く、C型肝炎よりは肝硬変などへの推移する可能性が低いですが、一度劇症化してしまうと生命に危険な状態になる可能性があります。

劇症化とは、肝臓の機能に多大な悪影響が及んでいる状態であり、同時に『肝性脳症』を発症する場合があります。意識がもうろうとしたり、体が勝手に震えたりする、などの症状が見られるようになると危険で、生存率も低下するとされています。急性肝炎は、文字通り急性のものですが自然治癒が可能となっています。

ウイルスによって肝臓がやられるわけですから、当然それに伴った症状が見られるようになります。なんと言っても避けたいのが、肝硬変や肝がんに推移してしまうことです。できれば早期の治療によってそういった事態に発展することは避けたいものです。実際に、B型肝炎に罹ってしまったけれど治療費の問題が…と思われる方がおられるでしょう。実際にB型肝炎には、毎月原則的に1万円、という助成が行われるようになっています。よりB型肝炎のことを知ることで、この病気への理解が深まります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

感染経路と現代の措置

B型肝炎は、私達が普段罹りやすい感染症と異なっている点があります。それが、『感染経路』です。インフルエンザウイルスなどは、空気感染します。インフルエンザを発症している人の近くにいたりすることで感染する場合があります。

しかし、B型肝炎ウイルスはそれとことなり、血液感染が主な感染経路です。飛沫感染ではないので、その点は安心できますが、例えば、輸血による感染、性行為による感染が、考えられます。低確率な感染経路もありますが、どちらにしてもリスクがあると言うことには変わりありません。もし心配な方は検診を受けることによってそれを広めてしまうことを避ける事が出来ます。

もちろんこのB型肝炎も、早期発見と、早期治療が必要となりますが、全国で連携している病院を用いることによって治療を受けることができます。治療法は何種類か確立されていますが、その人に合った方法を実践する必要があります。例えばインターフェロン治療という代表的な治療方法がありますが、それが行えない場合もありますので、その場合はインターフェロンフリー治療を受けることができるかもしれません。どちらにしても、病院の診察結果に従って治療を行う必要があります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

給付金を貰うためには

では、実際にそのB型肝炎の過去の訴訟における給付金を受け取るためには、どのような手続きが必要なのでしょうか。給付金をもらうためには、当然ながら自分たちがB型肝炎に感染していることが必須となります。それで感染したことを証明するためには、どのようなことが必要なのでしょうか。

そもそも感染経路としては、認められているのは『注射器の併用』です。それを感染経路とした場合、実際にそれによってB型肝炎に感染するという事態が発生しました。今ではそのように注射器が共用されると言うことはあり得ませんがやはり医療制度がそこまで整っていなかった時代においては私達は現代において考えられないような問題点を引き起こす場合があります。

実際にこの条件に適用される方が給付金を受け取ることができますが、どのくらいの金額を貰えるのかという点も異なっており、その病気の詳細によって貰える金額が異なっています。例えば肝がんや肝硬変は、3600万円、そして慢性B型肝炎は1250万円というように設定されています。ただ単にこれは申請するのではなく、申し立てを行う必要があり、実際に仮に訴えを起こすことによって給付対象者となることによって貰えます。そして、申し立てをする時は、弁護士にB型肝炎の相談を行ってください。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

B型肝炎ウイルスで給付金?

歴史が物語っていることはたくさんありますが、歴史から私達は様々なものを学んでいます。失敗も、成功も、それらが積み重なって私達の生活があると言えます。しかし、やはり昔のことであっても、責任が果たされるべきことがあり、そういった制度が制定される必要性は確かにあります。今回取り上げる、『B型肝炎』もその一つであると言えます。私達は感染症として、主に空気感染で感染する、風邪やインフルエンザなどの病名が付いた病気に罹ることがあります。それらは大抵治癒可能であり、もちろん人によって症状も大きく異なりますが、ある程度治療法というものは確立されて、完治する可能性の方が遙かに高いものです。

ただし、そうではない…いわゆる逆の場合が存在します。そしてそれは、治癒が風邪やインフルエンザに比べて難しいものとなっています。特殊な事例を除き、そういった感染症が、何らかの人工的な理由によって引き起こされたものであれば、それらに対して保障がなされる、いわば、責任が全うされる必要があるかもしれません。

そこで、国は実際にB型肝炎に感染した方に給付金を与える制度があります。これはその名の通り、最初に述べた理由等を原因としているので、やはり保障が与えられる必要があるのですが、どのような額の給付金が貰えるのでしょうか。また、実際にこれからB型肝炎ウイルスに感染して発症してしまうといったことがあるのでしょうか。そういった点について取り上げます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket