B型肝炎ウイルスで給付金?

歴史が物語っていることはたくさんありますが、歴史から私達は様々なものを学んでいます。失敗も、成功も、それらが積み重なって私達の生活があると言えます。しかし、やはり昔のことであっても、責任が果たされるべきことがあり、そういった制度が制定される必要性は確かにあります。今回取り上げる、『B型肝炎』もその一つであると言えます。私達は感染症として、主に空気感染で感染する、風邪やインフルエンザなどの病名が付いた病気に罹ることがあります。それらは大抵治癒可能であり、もちろん人によって症状も大きく異なりますが、ある程度治療法というものは確立されて、完治する可能性の方が遙かに高いものです。

ただし、そうではない…いわゆる逆の場合が存在します。そしてそれは、治癒が風邪やインフルエンザに比べて難しいものとなっています。特殊な事例を除き、そういった感染症が、何らかの人工的な理由によって引き起こされたものであれば、それらに対して保障がなされる、いわば、責任が全うされる必要があるかもしれません。

そこで、国は実際にB型肝炎に感染した方に給付金を与える制度があります。これはその名の通り、最初に述べた理由等を原因としているので、やはり保障が与えられる必要があるのですが、どのような額の給付金が貰えるのでしょうか。また、実際にこれからB型肝炎ウイルスに感染して発症してしまうといったことがあるのでしょうか。そういった点について取り上げます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket