給付金を貰うためには

では、実際にそのB型肝炎の過去の訴訟における給付金を受け取るためには、どのような手続きが必要なのでしょうか。給付金をもらうためには、当然ながら自分たちがB型肝炎に感染していることが必須となります。それで感染したことを証明するためには、どのようなことが必要なのでしょうか。

そもそも感染経路としては、認められているのは『注射器の併用』です。それを感染経路とした場合、実際にそれによってB型肝炎に感染するという事態が発生しました。今ではそのように注射器が共用されると言うことはあり得ませんがやはり医療制度がそこまで整っていなかった時代においては私達は現代において考えられないような問題点を引き起こす場合があります。

実際にこの条件に適用される方が給付金を受け取ることができますが、どのくらいの金額を貰えるのかという点も異なっており、その病気の詳細によって貰える金額が異なっています。例えば肝がんや肝硬変は、3600万円、そして慢性B型肝炎は1250万円というように設定されています。ただ単にこれは申請するのではなく、申し立てを行う必要があり、実際に仮に訴えを起こすことによって給付対象者となることによって貰えます。そして、申し立てをする時は、弁護士にB型肝炎の相談を行ってください。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket