B型肝炎に関するその他のこと

B型肝炎は、インフルエンザウイルスのように、似た症状が見られるというよりは、様々な症状が診られる可能性があります。例えば、B型肝炎は慢性化することが多く、C型肝炎よりは肝硬変などへの推移する可能性が低いですが、一度劇症化してしまうと生命に危険な状態になる可能性があります。

劇症化とは、肝臓の機能に多大な悪影響が及んでいる状態であり、同時に『肝性脳症』を発症する場合があります。意識がもうろうとしたり、体が勝手に震えたりする、などの症状が見られるようになると危険で、生存率も低下するとされています。急性肝炎は、文字通り急性のものですが自然治癒が可能となっています。

ウイルスによって肝臓がやられるわけですから、当然それに伴った症状が見られるようになります。なんと言っても避けたいのが、肝硬変や肝がんに推移してしまうことです。できれば早期の治療によってそういった事態に発展することは避けたいものです。実際に、B型肝炎に罹ってしまったけれど治療費の問題が…と思われる方がおられるでしょう。実際にB型肝炎には、毎月原則的に1万円、という助成が行われるようになっています。よりB型肝炎のことを知ることで、この病気への理解が深まります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket